婚約指輪は絶対に必要?

結婚が決まった後、婚約指輪を買おうかどうしようか。
結婚指輪も贈るのだし、どちらか片方でも良いのではないか?色々と迷う方も多いのではないでしょうか。

一昔前は、婚約指輪も結婚指輪も両方ちゃんと購入して揃えるカップルが少なくありませんでした。
しかし、最近では婚約指輪ではなく腕時計やバッグなど、さらに実用的なものに代えてプレゼントするケースもみられるようです。
また、こちらのサイトではエンゲージリングをする意味について解説しています。
必ず贈らなければいけないというわけではなく、夫婦の問題としてあらかじめ話し合っても良いでしょう。
古くからの慣習に従うのであれば男性から女性へ、ダイヤモンドのついた婚約指輪を購入して贈るのが一般的です。
しかし、昔と今では経済状況や夫婦のあり方なども随分変化してきています。

婚約指輪はタダではありません。まして、ダイヤモンドがついているものとなればそれなりの価格にもなりますので、よほどのお金持ちでない限りは予算の捻出などは頭が痛い問題ともいえます。

結婚指輪にはしっかりお金をかけるとして、婚約指輪については実用的なものを贈る、というのはいかにも現代的な考えであり、とても現実的と言えます。しかしどちらかの了解がなく一方的にその方法を取ってしまうと、後々「やっぱり婚約指輪が欲しかった、贈りたかった」と後悔が残るかもしれません。
婚約指輪について話し合うのは決して恥ずかしいことではありませんから、夫婦であらかじめよく確認し合う必要があります。

男性側に多い考えとして、婚約指輪も結婚指輪も贈ってあげたい。
男性としてきっちりけじめをつけたい、などの意見がみられることがあります。

しかし費用的に少しでも無理がある場合は、その後の新婚旅行や結婚生活にかかる分のお金のことも考えて、婚約指輪を諦めるという選択肢なども視野に入れておくべきかと思います。
分割で払う場合には、ポイントなどが貯まるクレジットカードがいいでしょう。
女性側も、どうしても婚約指輪が欲しい!と意見を押しつけすぎず、二人で築く家庭の未来についてよく考えながら、指輪の購入を検討されると良いでしょう。
結婚を決めた後は、結婚式の準備をしましょう。
素敵な結婚披露宴にするポイントは、こちらをご覧になってみてください。

現在メガネをかけていて、結婚式までに視力をどうにかしたいという方には、レーシックhttp://xn--pckp0b6k2cv102a90r.biz/lasik2.htmlがおすすめです。
成功率も高く、手術時間も短いので気軽に安心してできます。

▲ページトップへ