婚約指輪はサイズ選びが肝心

婚約指輪を選ぶ際に意外と悩むのが、女性の指のサイズです。
普段からリングを贈り合っているカップルであれば問題はないのですが、女性の指のサイズを気にしたことがない男性も少なくないのではないでしょうか。

もしも可能であれば、婚約指輪は女性と一緒に購入しに行くのが確実といえます。
やはり、サイズやつけた感じなどは本人がいなければ分からないものであり、デザインの好き嫌いや費用面の相談なども出来ますから、女性がいるのといないのとでは大きな違いがあります。
最初からすべて手さぐりで指輪を購入してしまうと、あとから「これじゃなかった」と後悔してしまう可能性もありますから、可能な限りご本人にも同行してもらって婚約指輪を購入するのがベストといえます。

サプライズにこだわりたいという方には、万が一サイズが合わなかった時のためにサイズ変更を受け付けているお店もあります。ただし、その場合は指輪を一度切らなければならないため、輪になっているものを切ってつなぎ直すのは縁起が良くないとも言われています。
指輪をサプライズで贈りたい場合は、彼女が普段身に付けているファッションリングやペアリングなどを拝借し、お店に持って行くなどしてサイズを確かめてから購入すると良いでしょう。

また、万が一女性の指に指輪がはまらなくなってしまった時の事を考える必要もあります。
痩せてゆるくなった場合は他の指にはめ直せば良いですが、その逆は要注意。
むくんだり体型が変わることによって、指輪がはまったまま抜けなくなってしまう可能性もあります。
ですから、指輪を購入するときにはあらかじめ「ゆとり」を考えてサイズを決定する必要があります。

男性からみれば、婚約指輪は女性にとって一生宝物となる素晴らしい指輪であってほしいもの。
もしも何も考えず購入してサイズが合わなかったら、作り直すかサイズを直すか、あるいは指にはめられない可能性もあります。彼女の指のサイズなど気にしたことがないという男性も、購入時には色々と考えながら検討してみて下さい。

結婚を決めて、子供の予定がある方は学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.ws/maternity.htmlを検討してもいいでしょう。
学資保険は早く加入した方がお得な場合があるので、子供が生まれる前に考えておくことをおすすめします。

結婚した後はお墓の継承などが気になりますよね?
こちらhttp://xn--hos.cc/002souzoku.htmlに詳しく載っているので参考にしてみてください。
また、遺言書http://xn--zz2an1k.jp/souzoku6.htmlを残しておくと、財産の相続がスムーズになるので残しておくと良いでしょう。

▲ページトップへ