女性から男性へ贈る婚約指輪

婚約指輪といえば男性から女性に贈るものであり、古来よりそのように慣例化されてきているものです。
しかし最近では、逆に女性から男性へ婚約指輪を贈るケースもみられるようです。
「男性がダイヤモンドの指輪をするなんておかしい」と思うかもしれませんが、固定的な概念を捨てて考えたならば、女性から男性への指輪のプレゼントも決して有り得ないことではないのです。

例えば欧米では、男性同士・女性同士の婚約は珍しいことではありません。日本では認可されていませんが、同性同士の結婚が許されている国では男性から男性に贈ってもそれはそれで婚約指輪となりますし、女性から男性に贈っても立派な婚約指輪になります。たまに女性から男性へプロポーズを行って結婚したカップルなどもみられますが、その場合も男性がダイヤモンドの指輪を受け取って良いと思います。

それでも、日本では固定的なイメージを大切にする夫婦がとても多いのが現状です。もしも女性からプロポーズを行った場合は、男性にダイヤモンドの指輪ではなくそれに代わる何かを贈るのが一般的であり、また男性側がプロポーズを受けたにも関わらず女性に婚約指輪を贈るというケースもみられます。やはり「男性が指輪を贈られるなんて恥ずかしい」という気持ちが日本ではまだまだ主流と言えそうです。

もっとも気軽な方法としては、婚約指輪ではなく「ペアリング」であれば恥ずかしくはありません。お互いに指輪を購入して交換し合うという方法にしても良いでしょう。ジュエリーショップで一度、女性から男性に指輪を贈っても良いかどうか、あるいは購入できるかどうか聞いてみるなど行動に移してみても良いですね。その場合はきっと店員さんもむやみに否定などはせず、柔軟に考えてくれると思います。

旦那さまが年下である場合など、女性から指輪を贈りたいケースは多々存在すると思います。どのようなケースであっても、「女性からは絶対に贈れない」と固定的なイメージにとらわれすぎるのではなく、何かしら行動に移してみると良いかもしれません。

視力低下や乱視でお悩みの方には、レーシックhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/04.htmlがおすすめです。
成功率も高く、視力も大幅に回復するのでメガネやコンタクトの人は注目してみてください。


▲ページトップへ